腕時計の歴史メインイメージ

腕時計の歴史を辿る

ファッションアイテムの中でも特に人気のある腕時計。腕時計好きは老若男女問わず本当に多くいます。
腕時計は高級ブランドで驚くような高額値段のものから、デザイン性重視のチープな物まで様々です。 だからこそ幅広い層で人気があり支持されるのでしょう。
さて、このサイトはそんな腕時計の誕生から現在に至るまでの歴史をわかりやすくまとめて紹介していきます。
腕時計の魅力の一つに、その誕生にまつわるエピソードや、辿ってきた歴史など、ウンチク好き・トリビア好きの心を鷲掴みにする背景を 持っているところではないでしょうか。そしてそいう物は収集癖のある人も虜にしてしまいます。 名品と呼ばれる腕時計は、オークションなどで高額で取引されるので、財産としての価値も十分持っています。 高級腕時計を身に付けていたり、何本も所有していれば、それはその人のステイタスにもなるのです。
また、腕時計は人生の節目に贈るプレゼントとして定番品ともなっています。最近では婚約指輪の代わりに腕時計を贈る人も増えているそうで、 これから共に時を刻んでいく、という洒落た意味合いもあるのだとか。 入学、就職、結婚など、新しい人生の門出に「時を刻む」腕時計を贈るのはとても素敵な習慣だと思います。
このように人生に深く関わりを持つ腕時計の歴史を一緒に紐解いていきましょう。

  • 腕時計の誕生

    腕時計はいつどのようにして誕生したのでしょうか。 そもそも時間の概念と言うのは紀元前約2000年にはあり、古代エジプト人は1日を12時間×2組として生活していたというのですから驚きです。 時計を腕に巻く、つまり腕時計のスタイルとして最初に登場したのは1700年代末期の頃。 ただし、時計というよりはアクセサリーとしての意味合いが強いものでした。 今のように実用性を兼ねたスタイルになったのは1800年代後期頃です。

    腕時計の誕生

  • 機械式時計

    腕時計は大きく分けて機械式とクオーツの2つがあります。まずは機械式時計について簡単に解説します。 機械式時計はゼンマイで動く、古来からの時計です。いわゆる高級腕時計はほとんど機械式タイプです。 機械式は昔ながらのとても味わい深い、マニア受けする時計ですが、繊細な作りですので取り扱いに注意が必要です。 また、当然ですがゼンマイを巻かなければ気付くと止まってしまいますので、定期的に確認しましょう。

    機械式腕時計

  • クオーツショック

    クオーツ時計は電池と電子回路で動く時計です。このクオーツ時計を始めて腕時計として誕生させたのは何と日本のメーカー「セイコー」です。 このクオーツ腕時計の登場で大打撃を受けたのが世界のトップに君臨していたスイスとアメリカの機械式時計メーカーで、壊滅的だったそうです。 この出来事は「クオーツショック」と呼ばれ、腕時計の歴史を語る上で、非常に重要な出来事であり、腕時計マニアなら知っておきたい出来事です。

    クオーツショック